交通事故に遭ったらまずどうするか

交通事故にあった時の心得


私は気を付けているから大丈夫、と思っても遭遇してしまう可能性がある交通事故。
もし交通事故に遭ったら、まずどうしたらいいのでしょうか。
加害者側か被害者側か、自損事故か対人事故か等によっても変わると思いますが、一般的なケースについて説明します。

逃げるのは絶対NG!救護が第一

まずは負傷者の確認と救護、これが第一です。
事故を起こしてしまった場合、特に加害者側になってしまった場合は気が動転してしまい、適切な判断が下せない場合もあります。
間違ってもその場から逃げるようなことはしないでください。
落ち着いて周りを確認し、負傷者を安全な場所へ誘導し、病院へ行ってもらいましょう。
必要な場合は救急車を呼ぶことも考えます。

警察への連絡を忘れずに!

次に警察へ連絡します。
これは対人・自損に関わらず、法律上の義務となっているため必ず届け出が必要です。
また、届け出を怠ったために各種保険の保険金を請求する際に必要な「交通事故証明書」の交付を受けることが出来ず、保険金が下りなかったと言うケースもあるので注意が必要です。

最後に保険会社に連絡しましょう!

そして、保険会社への連絡です。
加害者側であるならば、相手方への賠償の為に必ず必要になります。
被害者側であっても、念のため自分の保険会社への連絡をした方が良いです。
これは、後々自分にも責任があると判断されてしまうケースもあり、その際に大いに役立つためです。

まずは証拠の保全。きちんと第三者を入れましょう

また、絶対にしてはいけないことがあります。
それは、警察や保険会社への連絡をする前に、当事者同士で示談にしたり、念書などを書いて内々で済まそうとすることです。
例えば事故を起こした直後は何ともなくても、後日怪我をしていた、後遺症が残った、など不都合なことが起きても、損害賠償を請求することが出来なくなる可能性があるためです。
絶対に遭いたくない事故ですが、どんなに注意していても加害者・被害者になる可能性を秘めています。
万が一の時の為に、日頃から何をすべきか考え、有事に備えておくことが大事です。