交通事故にあった場合は早い段階で弁護士に相談した方が有利になります

いざというときは弁護士に声をかけてみよう


交通事故にあっても、その損害賠償金の額で折り合いがつかずに裁判を起こす必要が生じたりしない限り、弁護士に相談してみようとは考えない人が多いです。
日常的に法律事務所と付き合いがあるという人はほとんどいませんので、専門家に相談したいと考えても敷居が高く感じられるのが普通です。
また、そこまで大事にしてしまうのは恥ずかしいと考える人が少なくありません。
しかし、事故直後からサポートを受けるようにしておいた方が、後々有利に事を運べるようになる可能性が高くなります。

弁護士に依頼することで交渉がスムーズになります

 実際に損害賠償金の額を決める際には、過失割合が大きな問題になってきます。
被害にあった方には過失がないと勘違いしている人がたまにいますが、それは大きな間違いです。
法律上は、加害者や被害者という立場の違いを考慮に入れず、純粋にそれぞれに存在していた注意義務を基準にして、違反の程度を認定します。
ですので、歩行者が車にはねられた場合に歩行者側の過失が認定されたり、停車中に後ろから追突された場合でも、その停車位置などから過失が認定されるケースがよくあります。
過失が認定される割合が大きければ、その分だけ賠償される金額が少なくなってしまいますので、この過失割合の検討を最初から十分に行っておく必要があります。

交通弁護士は交渉のプロ!任せておけば安心です

 そうは言っても、専門的な知識を持っていない素人が自分で過失割合の検討を行うというのは現実的ではありません。
まず、刑事記録や診断書、目撃証言などの証拠を集める必要がありますし、過去の裁判例を知っている必要もあります。
また、当然のことながら法律の知識も必要です。
ですので、事故直後の早い段階から法律の専門家である弁護士のサポートを受けるようにした方が、あとで苦労しなくて済むようになります。