賠償請求権が失われる「消滅時効」に気をつけて!

交通事故に遭った場合、賠償金を貰う時に注意すべき事とは

何気なく生活していると、突然交通事故に巻き込まれてしまう事があります。
それは、普段から身の回りの事を気を付けていたとしても起こり得る事でしょう。
そういった場合、軽傷なら良いですが、大怪我を負ってしまったら、日常生活に支障をきたす事も考えられます。
また、日頃仕事で忙しい時に怪我をしては、たまったものではないでしょう。
そんな場合に、この様な生活の負担を解消する方法として「賠償金」があるのです。

賠償金をもらう時は保険会社ときちんと交渉しよう

しかし、こういった場合に知識が無いと、しっかり賠償金を加害者の保険会社から支払って貰えない事もあります。
そこで、お金を支払って貰うために注意するべき事は、お金を請求する「期限」なのです。
実は、損害に対するお金を支払ってもらう際、それを請求するのに原則「3年間」という期限が設けられています。
また、自賠責の場合では「2年間」と決められています。
そのため、何かしらの交通事故に遭遇した時に、被害者側がまったくお金を請求しようとしなかったら、貰う事ができなくなるのです。
つまり、せっかくの権利を自らの手で喪失させてしまう事になるのです。

時間切れで交渉できなくなるのが最悪の事態

そのため、いずれはお金を支払って貰えると思って悠長に構えていると、貰えるべきものが貰えなくて嘆く事になってしまうのです。
また、加害者からの損害に対するお金や、治療費の内払い金を支払うといった行為を3年間が過ぎてしまった場合も、お金を請求する権利が喪失する事になります。
この様に、お金を請求する権利が期限を越える事で失われる事を「消滅時効」といいます。
この点から、仮に加害者や保険会社がお金を支払いたくないとします。
その場合、被害者が何も知らない事を逆手にとって、この様に消滅時効が来るのを待つことも考えられるのです。
したがって、賠償金を支払って貰うためには、被害者側がしっかりお金を請求するか、治療費等の内払いを支払って貰う事が重要なのです。
もしくは、示談金の提示さえ行ってもらえれば、3年間という消滅時効を振り出しに戻す事ができるので、権利の喪失を回避する事ができます。